スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.11.07 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    法務省職員に記者会見への出席を断られてみた

    0

      今日午前、国会内で開かれる予定の馬淵澄夫国交相の記者会見に参加するつもりだった。


      だった、と書いたのは、結局参加できなかったからだ。


      会見の前日、私は国交省広報課報道担当に電話連絡を入れ、「9:40開始メド、場所は国会内3階の内閣記者会3番の部屋」と確認した。その際、私は国交省広報課の担当者に「内閣記者会3番の部屋」が衆議院に属するのか、参議院に属するのかをしつこく聞いた。なぜなら同じ国会内でも、衆議院と参議院では警備の管轄が異なるからだ。


      たとえば衆議院内の議員食堂に入る場合は衆議院の通行記章、参議院内の議員食堂に入る場合は参議院の通行記章が必要になる。これは衆議院の警備は衆議院議長の指揮の下、衆議院事務局警務部が、参議院の警備は衆議院議長の指揮の下、参議院事務局警務部が担当することになっているからだ。つまり、管轄が違う。


      そのため私のように国会記者証を持たないフリーランスの記者が国会内に入る場合、行く場所によって手配する国会記章の種類が変わってくる。だから私はしつこく確認した。


      国交省広報課から帰ってきた答えはこうだ。


      「衆参どちらということではなく、どちらの記章でも入れると思います」。


      その言葉を聞いた私は衆議院の通行記章を使用し、国会内に入った。ところが実際に「内閣記者会3番の部屋」を目指して国会内を歩いていたところ、参議院の衛視に止められた。


      「衆議院の記章では3階の内閣記者会3番の部屋には行けません」


      つまり「内閣記者会3番の部屋」は、参議院の衛視が警備を担当する場所だったのだ。


      まさか優秀な国交省広報課が衆参の管理区分を知らないはずはないだろう。

      万が一、国交省が“間違えた”のであれば、理由として考えられることは一つ。彼らが普段付き合っているのが例外なく「国会記者証」を持つ記者クラブの記者たちだけだからだ。フリーの記者が国会内で取材することなど、考えたこともなかったのだろう。


      国会記者証を持つ記者クラブの記者たちは、物理的につながった建物である衆議院と参議院の間を「自由に行き来して取材できる権利」を持つ。その一方で、国会記者証を持たない私の場合、衆議院と参議院の間には「見えない壁」がある。もっと厳密に言うと、私のように国会記者証を持たないフリーランスの記者には「国会内で取材する資格」すら与えられていない。そのため人混みにまぎれてゲリラ的に参加するしかない。


      私は衆議院の通行記章で入れる範囲で参加できる大臣の記者会見を探した。


      衆議院と参議院の真ん中にある「たまり場」では、ちょうど記者クラブの記者たちが閣議が終わる大臣たちを待ち構えていた。国会会期中の大臣記者会見は多くの場合、閣議終了後、速やかにその場で立ったまま行なわれるからだ。


      「たまり場」には3つの島ができていた。記者クラブの記者に聞いてみると、それぞれ、柳田稔法務大臣、玄葉光一郎内閣府特命大臣(新しい公共)、北澤俊美防衛大臣を待つ島だと言う。


      私が柳田法相の「ぶら下がり的」記者会見に参加しようと柳田法相の島に向かうと、見覚えのある法務省広報室報道係の職員がいきなり私に声をかけてきた。


      法務省職員:(会見参加の)登録していないですよね? 急に来られたわけですか?

      畠山:はい。

      法務省職員:すみません、みなさん同じルールでさせていただいていますので。


      お引き取りくださいということらしい。


      だが、この法務省職員の言葉には嘘がある。「みなさん同じルール」の中に、その場にいた記者クラブの記者たちは含まれていない。


      記者クラブの記者たちだけが庁舎内に賃料無料の記者室を提供され、会見への参加も独占的に認められている。公人である大臣の正式な記者会見に、記者クラブに所属しない記者は参加できないという明確な情報差別が存在する。


      実際、法務省の記者会見にフリーの記者が参加するためには、前日までに法務省の記者クラブである法曹記者クラブ幹事社の了承を得た後、法務省広報室に連絡を取り、入構申請用紙をファクスかメールしてもらう。その後、再び申請書類を広報室に送り返さなければならないという猥雑な手続きが必要だ。記者クラブに所属しないフリーの記者は、毎回、この手続きを強いられている。


      その一方で、記者クラブの記者はフリーランスの記者のように、毎回、取材申請書を出す必要などない。実際、記者クラブの記者は申請を出さなくても参加している。つまり、ちっとも「みなさん同じルール」ではない。これは法務省も認めている。


      法務省広報室報道係:閣議後の大臣記者会見は、記者クラブと法務省の共催。記者クラブの記者は毎回来る方は同じですし、あらかじめ“こういう方が来る”と社として登録しているので必要ありません。


      そしてこうも言った。


      法務省広報室報道係:畠山さんは、国会内で記者活動ができるという、国会記者証をお持ちなんですか?

      畠山:ありません。


      なぜ私が国会記者証を持っていないか。それは国会記者証を持つためには、記者クラブ加盟社の“推薦”が必要だからだ。


      国会記者証を発行するのは国会の事務局。しかし、そこにたどり着く前段階に奇妙な仕組みが存在する。記者クラブ以外の記者を「推薦するかしないか」を決めるのは、庁舎管理を担当する議会ではなく、民間の任意団体にすぎない記者クラブなのである。つまり判断を記者クラブに“丸投げ”しているのだ。


      もし、記者クラブに「権力と対峙してでも国民の知る権利に応える」という考えがあれば、この方式は有効だ。多様な記者が会見に参加して自由に質問することは、国民にとって不利益ではない。公正中立な報道を志すものであれば、他者を排除する考えなど許されないはずだ。


      しかし、現実は違う。フリーランスの記者が記者クラブから“推薦”をもらうことなど、ほとんど不可能だといっていい。


      考えてみれば簡単だ。日本の記者クラブは、自らが持っている情報の独占状態を揺るがす「オープンな記者会見」など開かれては困る。情報の独占とは、「報じない」ことも含む。会見にフリーの記者が入れば、これまで記者クラブの中にいる記者が自社の利益を優先して「報じてこなかった」ことが明らかになる可能性があるからだ。


      しがらみのないフリーランスの記者は、官庁側から便宜供与を受けていない。だから記者クラブと権力側のもたれ合いを遠慮なく暴露する。記者クラブはそんなフリーの記者には質問も撮影もさせたくない。そのため彼らはフリー記者の足が会見から遠のくように、嫌がらせのような会見参加のルールを押し付ける。その悪循環がずっと続いている。


      記者クラブの「閉鎖性」「排他性」を打破しない限り、日本に「自由な言論」など生まれないだろう。記者クラブ制度とは、官僚と記者クラブが一体となって“世に出る情報をコントロールできる便利な仕組み”だからだ。


      いま、官庁側から有形無形の恩恵を受けている記者クラブに、この閉鎖性を打破する勇気はない。彼らは国民の知る権利よりも、情報を独占して利益を得るビジネスモデル、“私企業の論理”を優先しているのだ。


      実際、記者クラブの記者はこうこぼしている。


      「もし無料の記者室がなくなって記者クラブの記者が全員会社に戻ったら、会社に全員分の机を置く場所なんかないよ。困っちゃうな(笑)」


      記者クラブの記者はジャーナリストである前に、営利企業のサラリーマンである。彼らの情報を受け取る側は、そのことをしっかりと認識しておく必要があるだろう。


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.11.07 Monday
        • -
        • 15:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        記者クラブとか、庁舎管理適当裁量よ〜くわかりました。ありがとうございました。
        • @SfmPe
        • 2010/10/08 7:10 PM
        不思議に取り上げられることが少ないですが、おっしゃられるように「報じない」ことの重要性は、もっと議論の俎上に乗せなければいけないですね。
        • works45
        • 2010/10/08 10:14 PM
        ゲリラでも中に入らないとわからないのですよね。中に入っている人が知らせてくださらないから。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        Twitter

        協力した書籍

        ほしい物リスト

        サーチ2.0

        アクセスカウンター

        ブログパーツUL5

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 「割り算」どころか「足し算」も間違える検察審査会事務局のテキトーさ。
          福岡ケン
        • 「割り算」どころか「足し算」も間違える検察審査会事務局のテキトーさ。
          藤本 浩馬
        • 【第二回】あなたは何を聞きたい? 小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見
          キリスト教の戦争原因
        • 「割り算」どころか「足し算」も間違える検察審査会事務局のテキトーさ。
          杢兵衛
        • 【第二回】あなたは何を聞きたい? 小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見
          クゼヒロシ
        • 【第二回】あなたは何を聞きたい? 小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見
          大竹義人
        • 小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見
          rika
        • 小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見
          あさみ
        • 「食料をくれ!」。瓦礫の中の悲痛な叫び。
          東北人を馬鹿にするな
        • 2011年04月26日・堀江貴文氏緊急記者会見(自由報道協会主催)
          堀江も弁護士も創価だよ。ライブドアは創価企業。

        recent trackback

        プロフィール

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM