福島県広報課・福島県政記者クラブから連名で回答

0
     東京電力福島第一原発事故の記者会見に参加するフリーランス記者を中心につくられた「フリーランス連絡会」(約40名)は、昨日11月10日(月)午前9時すぎ、福島県知事佐藤雄平殿、福島県次期知事・内堀雅雄殿、福島県政記者クラブに対して「福島県知事記者会見に関する申し入れ書」を送りました。

     その申し入れ書に対する回答が本日11月11日(火曜日)16時57分、「福島県広報課」「福島県政記者クラブ」の連名によりファクシミリで届きましたのでご報告いたします。

     「福島県広報課」「福島県政記者クラブ」連名での回答書全文は次の通りです。


     
    平成26年11月11日

    フリーランス連絡会 畠山理仁 様
     
    福島県広報課   
    福島県政記者クラブ
     
    申し入れ書について(回答)

     平素は県政の進展にご協力いただき、感謝申し上げます。
     11月10日にいただいた申し入れ書につきましては、知事定例記者会見は、福島県と県政記者クラブによる共催により開催し、県が県政記者クラブを対象に行っております。会場の容量、保安上などの理由から、原則として、参加者を県政記者クラブ加盟社に限っていますことをご理解いただきますようよろしくお願いします。
     なお、ご指摘の通り、一般社団法人日本新聞協会編集委員会の記者クラブに関する見解では、「より開かれた会見を、それぞれの記者クラブの実情に合わせて追及していくべき」としており、加盟社以外の記者会見の参加について、今後、協議することを検討していきたいと考えています。
     また、知事定例記者会見については、県ホームページ上で生中継を実施する予定ですので、ご承知願います。
     
    (事務担当 主幹 吾妻 TEL)

    以上

    「福島県知事記者会見に関する申し入れ書」送付のお知らせ

    0
       本日11月10日(月)午前9時すぎ、「フリーランス連絡会」は福島県知事佐藤雄平殿、福島県次期知事・内堀雅雄殿、福島県政記者クラブに対して、「福島県知事記者会見に関する申し入れ書」を送りました。

       「フリーランス連絡会」は、東京電力福島第一原発事故の記者会見に参加するフリーランス記者を中心につくられ、記者会見のオープン化や公平な取材機会の提供、いわゆる「記者クラブメディア」が占有する公共的な施設の利用などを求めて活動する任意団体です。

       現在メンバーは約40名で、私は3人いる「事務取り扱い者」(寺澤有さん、佐藤裕一さん、畠山理仁)のうちの1人です。

       今回の申し入れ内容は下記の二つです。

      「福島県知事の記者会見には、記者クラブ加盟、非加盟を問わず、報道及び表現活動に携わる記者の参加を即時認めること。」
      「福島県知事の記者会見は、従来のように開催直前に県政記者クラブのみに告知するのではなく、定例化すること。」

       フリーランス連絡会は文書での回答を求めており、回答期限は11月11日(火)としています。
       なお、申し入れ書の全文は次の通りです。


       
      福島県知事記者会見に関する申し入れ書

      2014年11月10日

      福島県知事 佐藤雄平 殿
      福島県次期知事 内堀雅雄 殿
      福島県政記者クラブ 御中
      フリーランス連絡会

       きたる11月12日、10月26日執行の福島県知事選挙にて当選した内堀雅雄氏が福島県知事に就任します。内掘氏は知事選を通じ、日本だけでなく海外からも広く英知を集結し福島の復興を果たしていく旨を訴えて当選されました。

       しかし、現在の福島県知事の記者会見は「福島県政記者クラブの記者」のみに限定され、フリーランス記者や雑誌、ネットメディアなどは完全に排除されています。

       2011年3月の東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故以降、現在でも4万6千人を超える福島県民が県外での避難生活を余儀なくされています。また、集中復興期間でもある現在においては、国民の税金からも多額の予算が福島県内での事業に投下されています。いまや福島県には日本国内のみならず全世界からの注目が集まっていると言っても過言ではありません。

       そんな中、税金で運営される県庁内、つまり「公の場」で開かれる県知事(公人)の記者会見を、一部メディアの任意団体である「福島県政記者クラブ」のみに限定し続けることは一部私企業への便宜供与にほかならず、公正さや自治の観点、法的に見ても大きな問題があると言わざるを得ません。

       日本新聞協会編集委員会が2002年に発表した「記者クラブに関する日本新聞協会編集委員会の見解」には「記者会見参加者をクラブの構成員に一律に限定するのは適当ではありません。より開かれた会見を、それぞれの記者クラブの実情に合わせて追求していくべきです。公的機関が主催する会見は、当然のことながら、報道に携わる者すべてに開かれたものであるべきです。」とあります。しかし、発表から12年以上が経過した今も、その崇高な理想と現実の間には大きな乖離があります。

       国政の場においては、2009年の民主党政権誕生後、中央省庁の大臣会見は一部省庁を除いて順次オープン化されました。「オープン会見」は第2次安倍内閣にも引き継がれ、多くの会見にフリーランス記者が出席し、インターネットでの「動画中継」も行われています。長野県庁、東京都庁で開かれる知事会見もオープン化されています。民間企業でも、東京電力や日本郵政などでは記者会見がオープン化されています。これに対し、福島県庁は県政記者クラブ以外の記者の出席、質問を認めず、ホームページで記者会見の動画を「事後」に掲載している程度です。

       時代錯誤の慣行は改めるべきです。福島県知事記者会見の速やかな門戸開放と情報の公開を求め、私たち「フリーランス連絡会」は福島県知事及び県知事会見の共催者である福島県政記者クラブに対して、以下のことを申し入れます。
       
      1. 福島県知事の記者会見には、記者クラブ加盟、非加盟を問わず、報道及び表現活動に携わる記者の参加を即時認めること。
      2. 福島県知事の記者会見は、従来のように開催直前に県政記者クラブのみに告知するのではなく、定例化すること。

       なお、この申し入れについては、本年11月11日(火曜日)までに文書にてご回答をお願い申し上げます。回答先は下記です。
       
      フリーランス連絡会 事務取り扱い
      畠山 理仁(はたけやま みちよし)
       住所・携帯電話・ファクス・Eメール
       
      • 「フリーランス連絡会」は、東京電力福島第一原発事故の記者会見に参加するフリーランス記者を中心につくられ、記者会見のオープン化や公平な取材機会の提供、いわゆる「記者クラブメディア」が占有する公共的な施設の利用などを求めて活動する任意団体です。
      以上

      「秘密に光を!」秘密保護法違憲訴訟11・14集会&デモのお知らせ

      0
        デモチラシ

        11月14日(金)夕方から夜にかけて、特定秘密保護法に反対する集会とデモを行ないます。
        テーマは「秘密に光を!」です。
        集会とデモを主催するのは、フリーランス表現者43名が提起した「特定秘密保護法違憲確認訴訟」の原告団です。

        集会は17時〜19時まで(17時入場、17時15分開始予定)、東京・霞が関の弁護士会館5階の508号室にて行ないます。
        フリージャーナリストの常岡浩介さんが「私に対する強制捜査は秘密保護法施行の前哨戦」と題して講演することが決まりました。入場無料です。

        デモは19時50分に日比谷公園霞門を出発し、法務省、警視庁、警察庁、外務省、内閣府など霞が関周辺を1時間ほど行進します。

        夜に行なわれるデモになので、ぜひ「光る物」などを身につけたり、趣向を凝らしたプラカードなどをお持ちください。なお、当日はポキっと折って光るスティック(ルミライト)を原告団が先着400名にお配りします。ぜひともご参集ください!

        なお、この集会&デモのチラシは原告の一人である渡部真さんが作ってくださいました。
        沖縄の普天間飛行場、尖閣諸島の魚釣島の写真は私が提供しています。
        チラシは下記リンクからダウンロードできます。
        情報拡散にご協力いただける方は、ぜひ印刷して知り合いの方にお配りいただくなど、告知にご協力をお願いいたします。
        報道関係者の皆様の取材もお待ちしています。

        ●「秘密に光を!」秘密保護法違憲訴訟11・14集会&デモのチラシ
        http://www.craftbox-jp.com/data/141114_HHI_flyer-2.pdf

        先日、このデモを主催するにあたり、私の人生としては初めてデモ申請に行ってきました。
        そこでのやりとりがあまりにも興味深かったので、私のメルマガでもご紹介しています。
        興味のある方はよかったら購読してみてください。

        有料メルマガ『そこそこ週刊・畠山理仁』
        【まぐまぐ】 http://bit.ly/eIv7j3
        【BLOGOS】 http://bit.ly/u6rkU4
        【ブロマガ】 http://bit.ly/S00NNX

        最後に、改めて告知です。

        ●「秘密に光を! 秘密保護法違憲訴訟11・14集会&デモ」●
        主催:特定秘密保護法違憲確認訴訟原告団


        ◎集会日時
        11月14日(金)17時〜19時(17時入場、17時15分開始予定)
        東京・霞が関の弁護士会館5階の508号室(入場無料)
        集会内容:フリージャーナリストの常岡浩介さんが「私に対する強制捜査は秘密保護法施行の前哨戦」と題して講演。その他、原告団、証人申請をしている方々からもお話をしてもらう予定です。

        ◎デモ日時
        11月14日(金)19時50分〜20時50分ごろまで
        19時50分、日比谷公園霞門出発

        申請ルート:日比谷公園霞門〜祝田橋左〜桜田門左〜霞ケ関二丁目右〜財務省上 〜官邸前左〜内閣府下左〜財務省上右〜日比谷公園西幸門内
        ※集合場所は変わりません。しかし、途中のルートは変更される可能性があります。その場合は24時間前までに判明するので改めて告知いたします。

        原告団は「ルミライト」を400本用意しました。先着順に無料でお配りします。
        ぜひご参集いただき、「秘密に光を!」デモにご参加ください! よろしくお願いいたします!

        以上


        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        Twitter

        協力した書籍

        アクセスカウンター

        ブログパーツUL5

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          minn
        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          花済
        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          いちしま
        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          lalaland
        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          刹那
        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          ボケナース
        • 応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
          被本塁打大王
        • 開高健ノンフィクション賞受賞作『黙殺』11月24日発売
          スギテル
        • 「割り算」どころか「足し算」も間違える検察審査会事務局のテキトーさ。
          福岡ケン
        • 「割り算」どころか「足し算」も間違える検察審査会事務局のテキトーさ。
          藤本 浩馬

        recent trackback

        プロフィール

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM